社会人二年目のエンジニアが仕事ができる人について考えてみた (基礎編)

どういう人が仕事ができて、どういう人が仕事ができない人なのか・・・

その判断基準に関しては、皆さん気になるのではないかと思います。

社会人まだ二年しか経っていない生意気なwebエンジニアが仕事ができる人できない人に関して考えたことをツラツラ書いていきます(笑)

※技術系を用語を交えてしまう時がございますが御了承ください (専門ではない人のためにちょこちょこ補足を入れておきます)

経験や、理系ならではの客観的な思慮を踏まえて、仕事ができるできない人に関して、その特徴を分析してみました。

※追記:あまりに書き殴りすぎてボリュームが増えてしまいました(笑)

仕事ができない人

私の働いている職場にも本当に仕事ができない、俗にいうポンコツの人が多々いますが、どの会社も一緒なんだろうなーと思っています(笑)

一言でいうと「何がしたくて働いてんの?IQ低いの?学習意欲無いの?何やってんじゃーーーー」と一言だけでは済まず、言いたくなる人たちです!!

「お主らのCPUとメモリはどうなっとるんじゃ?」

「スループット低すぎね?」な人たち(笑)

※CPU:頭の計算速度、メモリ:記憶領域、スループット:仕事の効率・アウトプット

メールの返信が遅いor読んでない

これは結構あるあるです。

資料の確認お願いしても一向に返事が返ってこない、何してるんだと思うと寝てる。。。

「この野郎(笑)(笑)」と言いたくなります!

ここでシャットダウンキメるくらいなら、せめてRestfulくらいにしといてくれ!

メールの返事が遅いてことは、これでこっちの作業止まります(笑)

たぶん本人は何も考えてないんでしょうけど、多分脳みその処理能力が低いとオモイマスね。

※Restful:何もない時は寝てるけど、メールが入った瞬間仕事をする人みたいなもの。

ちなみに私が働いている職場には8時間中6時間寝てるひとがいます、何も仕事してねーーー。

それで給料が私よりもらってるんですから、そんな会社を疑いますね!

凄じい脆弱性です。

つらつらと愚痴みたいになってしまいましたが、どこの会社にもそんな人はいるんだろうと思いますけどね。

※脆弱性:システム的不具合、会社では不具合の多い人材

質問の意図がわからない、汲み取らない人

はい、このタイプは2パターンいます。

仕事できない人について書いていると、仕事中の職場を思い出して憂鬱になってきますね

質問してくるけど何が知りたいかわからない、伝えるのがヘタな人

これは質問を受ける側の能力にも依存するんですけど、後々掘り下げて聞いて見ると「そんな質問で伝わるわけねー!!!!!」となるパターンです。

そしてアウトプットが堂々巡りになるわけです。

まるでforループのように。

なるほど、システムもそうですが脳の中での考えがずっと堂々巡りしてたら答えが出るわけもないですね。

そもそも脳にバグがありそうです。

そういう人は、考えると悩むの違いを知った方がいいでしょうね。

  • 考える:問題をシンプルにするため要素分解して1つずつ解決していく状態
  • 悩む:問題を複雑化してあれがダメこれがダメと全く進まない状態

次に伝えるのがヘタな人は、文字通り伝えかたを知らないんでしょうか?

基本的に何がしたいか・何をしようとしているかを伝えて、そのためにこれが分からないと言えば伝わりそうなものですが。

一回何を聞きたいのか紙にでも書いて整理した後に聞けばその辺は解決でしょう。

ただこの画像のようにはならないように、目的とすることが聞けるように逆算した後に順序立てて聞きましょう。

目的→現状→不明点及び目的を達成するためのギャップが何か。

この順番に聞けばそもそも伝わらない意味がわかりません(笑)。

I/Oがおかしい場合は何とかなりそうですね。

そもそも脳のバグはどーしようもないですね(笑)

※forループ:繰り返し処理に使われるプログラミングの構文、とりあえずループ

※I/O:入力と出力のこと

質問しても話の意図を理解しない、どうでもいい返事を返してくる人

こちらも伝えるのがヘタな場合は紙一重なわけですが、話の意図を理解しないのはこちらの伝え方が悪いか相手の頭が悪いかのどちらかです。

ちゃんと整理して伝えているのに、質問に対する回答が意図しないもの場合は後者でしょうね。

前者の場合は質問の内容が抽象的すぎるパターンなので一回持ち帰って具体化しましょう!

まぁ日本語なんてニュアンスとか曖昧なもので成り立ってきたものなんでしゃーない!

ちゃんと伝えているのに内容が返ってこない場合は他の人に聞いたほうが断然いいでしょう!

ネットサーフィンしている時のように色んな人をクロールしてみるのがいいかもだなー。

※クロール:ググってサイトから有用な情報を探る

ちなみにどうでもいい返事を返してくる人、聞いてるのに雑談とかなってしまう人はそもそも答える気がないんじゃないか!?(笑)

キクだけで時間の無駄だーーー

タスク管理が全くできない人、テンパる人

これはホントに致命的!!

社会人としてどーかと思われるレベルwww

私の会社ではでは一回高校からやり直してこいと言われてる人もいましたね(笑)

タスク管理ができないとテンパるは似ている!

多分今から書くことはホントにインプットしといた方が良いですね。

特に1年目と2年目!!!

ちなみに最も大事なことは、タスク管理ができなかったりテンパる人は一回現状を見直すべき! (これはちなみに基礎中の基礎です)

正直一気に仕事が降ってくると内心「何から手を付けていいかわからんーーー」、「物量多すぎるだろこれ!」、「あーあれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」とかなってテンパる。

そんで思考停止して全く仕事が進まんとかって状況になるわけですよ。

まず何の仕事が降りかかってきたかリストでも作って見たらいいんじゃない!?

例えばエクセルかスプレッドシートとか使ってさ。

そんで、そっから優先度付けて1個ずつ潰していくってことするだけでタスク管理できるし、テンパることもなくなるわけですよ!

めっちゃ簡単じゃないか?これ10分あったらできる(笑)

思考停止してるのはおそらく10分以上なわけやから、時間にしてもお得!!一石二鳥なわけですよ。

そこから慣れてきたら言われてる先の意図を読んで準備すれば、だいぶ効率的にできるし仕事できる人に昇格して、ちょっと給料アップとか大事な仕事任せて大丈夫な奴に認定されるわけ。

それでもできない人は、もうハード変えるしかない!

演算速度と領域拡大する方法は知らんけど(笑)

※ハード:脳みそとその思考回路

期限を守らない人

これも致命的ですよね。

というより上でずっと書いてきた内容を全て満たしてる人はだいたい期限を守れない。

もし守れたとしても、中身が空っぽな内容なのは言わずもがな!

どうでもいい難しめの資料とか作んなくていいから、とりあえず伝わる内容の資料を簡単に作ってくれってなります (難しいって言ってもその作った本人のキャパシティ的に難しいだけ)。

システムエンジニアとかやってると

期限は絶対!

品質も一定ライン絶対!

使い易さ二の次 (普通は絶対!まぁ企画の人の仕事ってのもありますが。)!

とかってなります。

つまり期限守れない人はそもそも給料もらったり稼ぐ価値がないわけです。

もし期限に間に合わないとなったらどこをやらなくていいか交渉で、打算するわけです

稼ぎが減っても貰えない (失注)よりましですからね。

上でシステムエンジニアでの基準をあげましたが、どの職種でもこの本質は変わらないでしょ。

仕事ができる人

上の方で書いたらなんかもう仕事ができる人について書かなくてもわかるじゃんと思ってきましたが、とりあえず書いておきますか。

普通の人 (定義によるが)からしたら普通のこと何だよ!と言いたくなる内容です(笑)

メールの返信が早い

これはどこの職場においても命題かと思います。

メールの返信が毎回遅い人なんて、何をしてるか上司から不信がられます

逆にいうと、上司に仕事してるよという最低限のアピールということになりますね。

質問が的確

何か指示があったとき、その指示は抽象度の高いものが多いです。

その抽象的な指示に関して、どこまで具体的に考え、こういう場合どうすればいいといった質問をすることが重要となります。

以下、ムチャクチャ簡単な例ですが。

例えば、会議室を予約する場面において

人数は何人か、プロジェクタは使うか、何時から何時までの会議の想定か、参加者は誰かなどの確認が必要になってきます。

その場で質問しなくてもいいですが、そもそもこれさえもできない人が多すぎて困ります(笑)。

ほんとインスタンスタイプ的にはt2.micro並みです。

※インスタンスタイプ:頭の切れ、優秀度

※t2.micro:最もスペックが低いもの

タスク管理ができている

work

これも基本的なことですが、最近私の周りでは、タスクの管理が杜撰な社員が多くいます。

私からすると、杜撰すぎて仕事を振る気にもならないわけです。

具体的な管理方法はなんでもいいのですが、

退社時に、自分が握っているタスクをスプレッドシートに記入する。

ポップアップ系のタスクを付箋などに書いて、パソコンに貼っておく。

などをするだけでも、タスクの処理忘れはかなり減るのではないのか?

上の方でも書きましたが、忙しすぎてそんな管理してる暇がないというご意見もあるでしょうが、よく考えてみてください。

思考停止する暇があったら何で思考停止するかを考えることが先決です!

指示すると何でもやってくれるがタスクをよく忘れる人間と、仕事は遅いがタスク忘れがない人間どっちが良いでしょう?

圧倒的に後者の方が、上司からすると扱いやすいですよね?

理由なんて明白です。自分の仕事のやり方などを見つめ直してみることが大切ですね。

まぁ何回もやってるタスクが遅いのはどーかと思いますが。

期限より早めに仕事を終わらせる

work1

そもそもここまでに資料を作ってくださいと上司から指示を受けたとします。

みなさんはどう考えますか?

論文などを書いたことがある人はご存知かもしれませんが、

第1版を書いたあと、チキンレースがスタートするのです。

実際に第1版を作成する時間より、修正の時間の方が圧倒的に多いです。

つまり、修正の時間を作成の時間よりも多く設け、さらに期限にバッファーを設けることが特に重要となります。

※チキンレース:修正と提出、修正と提出の繰り返し

※バッファー:余分な期間

最後に

上記4項目以外にも、

・挨拶をきちんとする

・メモをとる

・知識的に足りない点は補う

などの超基本的な項目はありますが、最近職場で目につく項目を書いてみました (当たり前ですが(笑))。

シェアする