【仮想通貨】仮想通貨の種類と取引所

前回の記事では、仮想通貨についての概要の説明と主な取引所の紹介、安全性についてなどを簡単に説明しました。

これから仮想通貨を始めてみようと思っているけど、まだ前回の記事を読んでいない人は是非読んでみてください。

【仮想通貨】仮想通貨とは!?主な仮想通貨の仕組みについて
【仮想通貨】仮想通貨とは!?主な仮想通貨の仕組みについて
この1年間でほとんどの人がどこかで聞くであろう仮想通貨について、どのように仮想通貨がなりたっているのかわかりやすく説明していければ...

今回は仮想通貨の種類と結局初めはどの取引所で取引をするのがいいのかについてまとめていきたいと思います。

仮想通貨の種類と特徴、取り扱い通貨を知ることで、これからどの通貨に投資すべきかということも見えてくるかもしれませんので、仮想通貨の種類と取り扱われている取引所をしっかり理解しましょう。

主要取引可能な通貨

Coincheckで取引可能な通貨

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
前回の記事でも書きましたが、低資本から投資をやってみたいと思っている初心者の方は、まずcoincheckで取引を実施するのがおすすめです。

coincheckは取引の通貨が他の取引所に比べて多いので、色々試すことができます。

なんと13種類もあります。

種類が多すぎてわからない!?安心してください、あとで一つ一つ説明していきます。

Zaifで取引可能な通貨

Zaifでは、仮想通貨の種類は多くないものの、主要な仮想通貨はほとんど取引することができます。

種類にすれば5種類ほどとなります。

Zaifには仮想通貨以外にもトークンというものを取引することができますので、そちらについては追って記事にしたいと思います。

Coincheckと比較すると取引できる通貨の種類は少ないですが、Bitcoin並みに一世を風靡したモナコインを取引することができます。

bitFlyer

bitFlyerで取引できる通貨は、coincheckとzaifで取り扱っている通貨を合わせたラインナップとなっています。

  • Bitcoin (BTC/ビットコイン)
  • Ethreum (ETH/イーサリウム)
  • Ethreum Classic (ETC/イーサリウムクラシック)
  • LiteCoin (LTC/ライトコイン)
  • Bitcoin Cash (BCH/ビットコイン・キャッシュ)
  • MONAcoin (MONA/モナコイン)

Zaif同様、モナコインを取引することができます。

その他のコインはcoincheckで取引できるものばかりなので、通貨の豊富さという意味ではcoincheckの方がおすすめです。

各仮想通貨の特徴 (王道Bitcoin)

それではそれぞれの仮想通貨の特徴を書いていきたいと思います。先にも述べた通り、それぞれの仮想通貨の特徴が分かれば現状どの通貨に投資した方が良いというトレンドがわかる場合もありますので、じっくり読んでいただければと思います。

Bitcoin (BTC/ビットコイン)
Bitcoinは仮想通貨の王道!

Bitcoinの簡単な仕組みに関しては、前回の記事で記述しておりますので、そちらをご参照ください。簡単にキーワードだけ書くと、P2Pとブロックチェーンです。

ちなみにBitcoinの発行量は2100万BTCと決まっており、現在で1500万BTC程度は発行されております。2040年にはほぼ2100万BTCが発行されますが、そこから2140年までじっくりと発行されていき、2100万に到達するような発行の仕組みとなっています。

ちなみにBitcoinの製造には暗号化技術が使われており、偽造は困難と言われています。これは他の仮想通貨にも言えることです。
*ブロックチェーンの技術が注目されている理由です。Bitcoinは買う以外にも採掘 (マイニング)を行うことによって、手に入れることが可能です。採掘 (マイニング)の方法は、SMART MINNERをパソコンにインストールすれば良いです。

ただ、採掘 (マイニング)には膨大な演算量 (=電気代)がかかるため、実際に採掘して手に入れることのできるBitcoinよりも電気代の方が高くつきます。

アルトコイン

Bitcoinと比較して、アルトコインという種類の仮想通貨があります。

アルトコインとは、Alternative coin (代わりのコイン)の略称で、Bitcoin以外のコインの総称です。

先に記載した取引所では主に以下のアルトコインを売買することができます。

たくさん種類があるので、それぞれのコインの特徴については後で記事にしたいと思います。

  • Ethreum (ETH/イーサリウム)
  • Ethreum Classic (ETC/イーサリウムクラシック)
  • LISK (LSK/リスク)
  • Factom (FCT/ファクトム)
  • Monero (XMR/モネロ)
  • Augur (REP/オーガ)
  • Ripple (XRP/リップル)
  • Zcash (ZEC/ジーキャッシュ)
  • NEM (XEM/ネム)
  • Litecoin (LTC/ライトコイン)
  • Dash (DASH/ダッシュコイン)
  • Bitcoin Cash (BCH/ビットコインキャッシュ)
  • MONAcoin (MONA/モナコイン)

最近では上記のような仮想通貨以外にも、もっとマイナーなコインも出てきているので、今後も増え続けていくと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はどこの取引所でどの通貨を取り扱っていて、どのくらい種類があるのかを紹介しました。

今日も激しく価格変動している仮想通貨、、、

価格の変動が激しすぎて予想できませんが、いつか高騰することを信じて投資しましょう!

ここまで読んでいただいた方、もう仮想通貨取引が当たり前になる時代は目前まで来ているのです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin