【SEOでも重要】サイト表示速度を上げるためには

こんにちは、今回はGoogleのSEOにも追加になった表示速度を向上させるためにやるべきことをあげたいと思います。

かなりエンジニア寄りの話となりますが、できるだけわかりやすく解説できたらと思いますので、お付き合いください。

GoogleでMobile表示速度がSEO要素に加わる

はい、これはWebサイトを作成している人にとっては、かなり頭を悩ませる内容ではないでしょうか。

なぜかというと、Webサイトを訪れる人はだいたいスマホからの流入だからです。

Mobile表示速度の対応を逃してしまうと検索順位にもかなりの影響を与えると推測できます。

以下のGoogleのサイトにMobile表示速度を適応するぞ!っていう内容が記述されています。

https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/01/using-page-speed-in-mobile-search.html

※ 2018年7月に導入を予定

GoogleのSEO評価でどこが変わるのか!?

これまでは以下に記述するように表示速度を測っていました。

  • デスクトップ向け (PC)検索:PC向けページの表示速度データで判断
  • モバイル (スマホ)検索:PC向けページの表示速度データで判断

これが以下のように変更になります。

  • デスクトップ向け (PC)検索:PC向けページの表示速度データで判断←そのまま
  • モバイル (スマホ)検索:モバイル (スマホ)向けページの表示速度データで判断←ここ!

表示速度に関しては以下でSpeedを計測することができます。

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

SEO評価が変わることでの影響

結論から言うとそんなに影響は無いのでは?と考えられます。

※以下Googleのページから引用

ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。
そのページがどのような技術を用いて制作されたかに関係なく、すべてのページに同じ基準を適用します。
検索意図は依然として非常に強いシグナルですので、魅力的で検索クエリと関連性の高いコンテンツは、ページの読み込み速度が遅くても高い順位に掲載される場合もあります。

ただ、ページの読み込み速度が遅いと検索順位が下がってしまう危険性があることは否めません。

検索順位がサイト存亡の重要なファクターである以上、これは対処せざるを得ないのではないかと思います。

しかもこれがモバイル (スマホ)への適応となると尚更です。

表示速度を速くするためには

みなさんここからが本題です。

GoogleのSEO要素にMobile速度が加わったことによる不安はつきまとっているかと思います。

負荷試験の必要性

負荷試験とは何か、また目的に応じた負荷試験の概要を記事にまとめていますので、読んでみてください。

ページの表示速度の向上を測るためには、性能テストが最も適しています。

負荷試験の種類【目的別】
負荷試験の種類【目的別】
WebアプリケーションやAPIで負荷試験を実施するサイトも多いのではないでしょうか。 今回はクラウド環境での負荷試験を前...

負荷試験を実施するだけでは、表示速度が速くなるわけではありません。

負荷試験を実施することによって表示速度を遅くしている要因を探ることが、今回最も注視すべき箇所になります。

原因を発見し、対応策を打つことでページの表示速度を上げることが可能です。

表示速度を遅くしている要因

具体的にどんな要因が考えられるかと言うと…

  • CPUやメモリ、I/Oの使用率が高い
  • 検索クエリが重い
  • 読み込む画像数が多い
  • 読み込む画像の容量が大きい
  • 使用しているプログラミング言語のコンパイル…etc

他にも、無駄なインポート要素が多かったり、メモリに読み込ませる際のプログラム言語のライブラリが重かったりと、多々あります。

表示を手取り早く解決するには

本来なら原因を特定し、適切に改善するべきですが、技術的なことはよくわからないと言う人のために手取り早く解決する方法を上げてみます。

  1. サーバのスペックを上げる (高スペックのサーバを使う)
  2. 読み込む画像数を少なくする or 画像の解像度を下げる
  3. 画像の読み込みをOnloadにする (スクロールしてその画像に到達した時に読み込む)

1.はお金で解決です!

2.は少し手間がかかるかもしれませんが、画像の解像度を下げることで容量を少なくすることができるので、効果的な手段です。

3. はご使用中のテーマにも依存しますが、テーマのカスタマイズにLazyロードを有効化できるオプションがある場合はそれを有効化しましょう。
それ以外の場合は、Javascriptで対応が可能ですので、ググってみてください。

不明点があった場合

今回はSEOの表示速度に関して、簡単な原因究明方法と即興でできる対策について記述しましたが、技術的なところや他にも方法が無いかなど、ご質問がありましたらいつでも相談に乗りますので、コメントおよびコンタクトフォームからご連絡いただければと思います。

表示速度はWebサイトを訪問したユーザにとっても、GoogleのSEO対策をしているサイト運営者にとっても重要な要素となりますので、軽視せず日々改善を心がけるようにしましょう。

シェアする